簡易懸濁研究会 安全で有効な投薬法を目指して

ご挨拶

簡易懸濁法研究会へようこそ

簡易懸濁法研究会は「簡易懸濁法」を中心に、広く摂食・嚥下障害患者における薬の安全で効果的な投与に関する研究 、および普及を図ることを目的として設立されました。

私達はこの研究会を通じて、広く安全で有効な投薬法である簡易懸濁法が普及することを願っています。

簡易懸濁可否情報共有システムのご紹介

簡易懸濁可否情報共有システムのご紹介

2010/7/1より会員専用のWebシステムを公開しています。

PDF紹介チラシ(PDF)をダウンロード [309KB]

アクセスはこちらから (システムに関するお問い合わせはこちらまで)
 ※新規にご入会いただきました会員の方は、事務処理の都合上、会員メーリングリストへの
  追加からご利用開始まで数日〜一週間かかる場合がありますのでご了承下さい。

簡易懸濁法説明

簡易懸濁法とは

錠剤やカプセルを粉砕・開封せず、そのまま温湯に入れ崩壊懸濁させたあと経管投与する方法です。

詳しくはこちら

簡易懸濁法研究会は

簡易懸濁法研究会の紹介

簡易懸濁法研究会の設立の経緯や目的、活動内容を紹介します。

詳しくはこちら

簡易懸濁法研究会へのお誘い

簡易懸濁法研究会へのお誘い

簡易懸濁法研究会では現在、本会の活動にご賛同いただける会員を募集中です。

PDF入会案内チラシ(PDF)をダウンロード [173KB]

入会のお申込み